サラ金の金利が高い理由

サラ金とはサラリーマン金融の略語で、消費者金融やそれに属する貸金業者を言います。サラリーマンが無担保でお金を借りる手段として利用されていましたが、金利水準が高く、「高利貸し」という概念が強かったのです。というのも、利息制限法で20%未満と規制しながら、一方で出資法の29.2%の上限金利で貸し出している業者が多く、20%以上29.2%のグレーゾーン金利を巧みに利用して貸出し、多重債務化する利用者も多かったため、国がこれを規制しました。2010年に完全施行された改正貸金業法では貸金業務取扱主任者を1営業所ごとに配置し、年収の3分の1を超える新規貸し出しを規制することで過剰貸付規制の強化、みなし弁済制度の廃止、無理な取り立て行為の規制など様々な規制を強化し、再び多重債務者を出さないような取り組みがされました。

利息制限法の上限である20%を超過しての貸し付けは重い行政処分が科せられ、金融免許剥奪などの罰則もあります。この法改正により、消費者金融による融資が利用者にとって安心して安全な貸し出しが行われるという概念に変化しました。確かに消費者金融の金利は銀行貸し付けに比べて高いですが、メリットとして審査が通過しやすくスピーディーな貸し出し実行となることです。改正貸金業法完全施行後は消費者金融は銀行グループ傘下として経営を行い、言わば銀行の監視下の下で健全な経営を行っているため、無理のない貸し出しが行われています。一時過払い請求が過剰となったことで、「サラ金=高利貸し」としてのイメージを払拭するために、利用者に一定のメリットを付加して貸出しを行っている消費者金融もあります。借入から返済までのシュミレーションにより無理のない返済計画を利用者に打診し、利用回数の多い人には金利水準を低くするサービス、1週間以内の返済であれば無金利など様々なサービスで利用者を獲得し、金融が生活を豊かにするという考え方の下、クリーンな経営が行われています。(サラ金 審査