サラ金の口コミから参考になること

サラ金の口コミでは、「他社では借りられなかったが借りられた」という口コミがたくさん見つかります。銀行カードローンで否決された人のほか、信販会社や大手の業者でも否決されたという人が、サラ金で借りているということが多いようです。サラ金は金利が高いですが、ブラックリストにのっていて借りられないという人にはメリットがあります。また、ブラックリストにはのっていなくても、過去に延滞を繰り返しているという人は銀行や信販会社では否決される傾向があるので、次の選択肢としてサラ金を選ぶことが多いようです。年収などの返済能力には問題はないが、信用情報のほうに問題があるという人にとっては、サラ金はありがたい存在です。昔のサラ金では、ブラックリストにのっている人は保証料をとられたということも多かったようです。10万円を借りる時に2万円の保証料を入れて、それは完済をしても返ってこないという契約を結んでまでお金を借りたいという人もいました。普通はそのような悪い条件の契約は結びませんが、多重債務を抱えている人や、ブラックリストにのっているがどうしてもお金を借りたいという人は、高額な保証料を支払ってもお金を借りたがったようです。

現在では、貸金業法によって高額な保証料や事務手数料などをとることは禁止されています。実質金利で表記されることが義務付けられていますので、金利以外に手数料などがかかってくることは基本的にありません。しかし、ATM手数料や銀行振込みの手数料などは別で考えます。口コミでは、すでに他社から借りている人が多いということもわかります。銀行カードローンのほか、クレジットカードのショッピング枠をいっぱいまで使ってしまっている人もいます。クレジットカードのショッピング枠については、借金として数えていない人も多いですが、これも借金のうちとなりますので、合計の借金が多くなりすぎていないかをしっかりと計算してから借りることが重要です。